酵素ドリンクの失敗しない選び方

酵素ドリンクの選び方で絶対に必要なのは、どんな原材料が入っているかをチェックすることです。と言っても、使われている野菜やフルーツがどうとかいう前に、添加物だの保存料だの人工甘味料だのがどれくらい入っているかという点が一番の問題だと考えましょう。

 

正直なところ、酵素ドリンクや酵素ペースなどは、食品を多数発酵させたものですから色もかなり抵抗のある色になりますし、ドロっとして独特の食感や臭みが出る場合もあります。

 

ドリンクを買ったはいいけれど、味がどうしても受け付けられなくて途中で挫折したという人もとても多いですから、各メーカーともいろいろな手段を考えているのも確かです。

 

とは言っても、一番の目的は何かと言えば、体内に食物酵素を摂り入れることです。

 

そこに人工甘味料などをたっぷり入れてしまったら、酵素を摂り入れるどころか、いませっかくはたらいている体内の酵素を浪費してしまうことになります。

 

添加物や保存料などは、体内の酵素を使ってしまう現代人の最大の問題だということを知っていますか?身体によかれと思って、そんな物質をせっせと入れるくらいなら、そんな酵素ドリンクは飲まないほうがずっとマシだということになってしまいます。

 

ハッキリ言ってしまえば、正しく発酵している酵素ドリンクは腐敗はしないために保存料は必要ありません。酵素の消化のはたらきを阻害するので、スクラロースなどの人工甘味料は入っていないものを選んで下さい。

 

免疫力を高めるために酵素を摂り入れようというのに、免疫力の負担になるような添加物を飲み込むようなことのないようにしましょう。

 

そして、原材料に使われている野菜やフルーツの産地や栽培方法などに信頼が持てるものにしましょう。たくさんの食材を混ぜて発酵させるわけですから、それぞれの残留農薬がどうだったかは製品に大きく関係します。

 

栄養素が濃縮されるのではなく農薬が濃縮されているのでは、あまりにも悲しい製品ですね。