ファスティングダイエットの復食期間

ファスティングダイエットを成功させるためにはルールをしっかり守って実践していかなければなりません。そのルールのひとつがファスティングダイエットの復食期間です。復食期間はファスティングダイエットにおいて準備期間と同じくらい大切なものとなっています。

 

●休めた体を元に戻すための大事な期間

プチ断食が終わってすぐに固形物を食べることはNGです。終わった!好きなものが食べれるぞー!と思って好き放題食べてしまうと休めていた内臓がびっくりしてしまいます。

 

逆に体に大きな負担となってしまうことは間違いありません。
元の食事に戻すための大事な期間が「復食期間」なのです。

 

ファスティングダイエットをしてもすぐリバウンドしてしまう方は復食期間を怠ってしまっています。復食期間に必要な日数は2日〜3日程度です。ファスティングダイエットは飲料系のみしか摂取しないので、最初は流動食から食べて内臓の活動を活性化させていきましょう。

 

●復食期間に食べるもの

固形物以外のものであれば何でも構いませんが、復食期間でよく食べられているのはおかゆや味噌汁などの流動食です。ファスティングダイエット用として発売されている酵素ドリンクにもミニおかゆが付いているものもあります。

 

おかゆ、味噌汁、豆腐、重湯などがオススメです。
初日はできるだけおかゆにしておきましょう。

 

ただのおかゆだけでは味気がないので、昆布や梅干、醤油など味にも工夫して食していくと良いですね。胃腸にやさしい食べ物をゆっくりと体の中にいれていくことが重要なポイントとなっています。

 

2日〜3日は復食期間に適切なものを食していきましょう。そうしていけばリバウンドを恐れることもなく、ファスティングダイエットをスムーズに進めていくことができます。

 

●1番大事な時期だけど難しい

ファスティングダイエットにおける復食期間は1番大事な時期でもあり、難しい時期とも言われています。お腹が空いている状態の中、ゆっくり戻していかなければならないので慣れるまでは空腹感と戦わなければなりません。

 

普段食べることのないおかゆや重湯を食べるので味気がないと断念してしまう人も多いのです。
復食期間を大事にできるからこそファスティングダイエットを成功させることができます。